2010/04/22

和風れすとらん 鶴

近頃ちょくちょく「阿寒やきとり丼」のポスターを目にする機会が多くなりました。
どうも阿寒産のシカ肉を使った料理らしいのですが、阿寒湖まで行かないと食べられなさそう…と勝手に勘違いしていたところ、「阿寒町の赤いベレーでも食べられるよ」と教えてもらいました。

turu1-1.jpg
阿寒町なら近いじゃん!というわけで、赤いベレーまでドライブ。
この日は日曜日でしたが、あったかくてとってもいい天気。
駐車場にはハーレーが数台停まっていました。ツーリングでしょうか。気持よさそう。

turu1-2.jpg
時間は2時を回っており、昼時よりは空いている感じ。
テーブル席のみです。

turu1-3.jpg
目的はもちろんコレ、阿寒やきとり丼!なんと1日10食限定だそうです。
レジに置いてあったパンフレットによると、阿寒やきとり丼には細かいルールがあるそうです。
いくつかかいつまんでみると、

●串刺しやきとりは焼き揚げこねの3種類
●こねはミンチ使用のそぼろにし、レタスで包む
●必ず特製の阿寒産エゾシカ肉醤油を使う
●エゾシカ肉をダシにした汁ものをつける
●阿寒産の行者ニンニクを使った副菜をつける…

などなど、計17のルールがあります。
ちなみに阿寒やきとり丼が食べられるお店はここ以外にも4店舗ありますよ。
ルールにのっとり、それぞれの店独自のカラーが出たやきとり丼になっています。
パンフレットに細かく説明が載っていますので、もしも見かけたらぜひ一部手に取ってみてください。

turu1-4.jpg
もうひとつの新メニュー、石炭ラーメン。
28日まで600円で提供されているそうです。

turu1-5.jpg
まずザンギ。ジューシーでカリカリ♪
サラダもつけてくれるのは珍しいですね。

turu1-6.jpg
阿寒やきとり丼。980円です。
鹿醤のせいか、焼き串の肉は真っ黒でちょっとびっくり。
揚げ串はなんとチーズ入り。熱々で食べるととろ~りとチーズが流れ出てきます。デミグラスソースと合わさってまろやかな味に。シカ肉の癖も気になりません。レモンを絞ってさっぱり食べてみてもおいしいよ!
レタスに包まれたこね串はひとつはそのままガブリ。うーん、こっちはまだちょっと鹿っぽさが…レタスとの食感はいいんだけれど。
もうひとつをばらしてごはんと一緒にいただきました。うん、おいしい!にんにくの香りが食欲をそそります。
副菜はたけのこと行者ニンニクの煮物。味噌汁には小さく切られたシカ肉が入っていました。いいダシが出ていましたよ。

turu1-7.jpg
ナポリタン。650円でした。熱々の鉄板で出してくれたのですが、小さい子供も一緒にいたので、店員さんが「大皿とお取り換えしましょうか?」と気をきかせてくれました。
麺はほどよい固さでもちもち。酸味も舌にささるような酸っぱさではなく、食べやすかったです。何気においしいなぁ(*´ω`*)

シカ肉はあまり食べたことがないので敬遠していましたが、この揚げ串はまた食べたいです。
他の店も味付けに様々な工夫を凝らしているようなので、次は阿寒湖まで行ってみようと思います。
和風れすとらん 鶴
住所:北海道釧路市阿寒町舌辛原野23線36
Tel:0154-66-2330
定休日:無休(温泉清掃日年2回休業)
営業時間:11:00~20:00
駐車場:有

大きな地図で見る

レストラン鶴 (和食(その他) / 釧路市その他)
★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント